Amazonランキング1位の本を紹介!

2013-05-17

本日のAmazonランキング書籍部門・1位の商品を紹介します。

「大泉エッセイ ~僕が綴った16年」

<内容紹介 ※アマゾンより抜粋>

大泉洋本人執筆による、大泉洋の素顔の16年間が詰まった、笑って泣けるエッセイ集。

大泉洋が執筆文をまとめて出版するのは、本書が初めてとなる。

また、表紙の装画には、大泉自身が子供の頃からファンだった『タッチ』のあだち充が担当。

書籍の装画は初めてのあだち充が、1997年当時の若かりし大泉を描く。

本書では、大泉がまだ北海道を拠点に活動し、『水曜どうでしょう』レギュラー放送に出演していた1997年から2005年まで、雑誌3誌で執筆連載していた幻のエッセイ原稿108篇を一挙収録。

2誌に関しては、北海道版のみでの連載だったため、コアなファンも未読であろう幻の原稿を掘り起こし!

大学時のエピソード、レギュラー放送当時の『水曜どうでしょう』裏話、TEAM NACSについて、家族のことなど……

大泉洋ならではの「笑い」が散りばめられたエピソードはもちろん、時にノスタルジック、時に切なくて、思わず「泣いて」しまいながらも、でも読むうちに不思議と元気になれる、まさに「大泉ワールド」全開のエッセイが満載。

さらに2013年書き下ろしで、大泉自身が本書で初めてあの伝説的人気番組『水曜どうでしょう』について本音を激白。

大泉が考える『どうでしょう』分析、そしてレギュラー放送終了の意味、『どうでしょう』ファンはきっと胸が熱くなる、彼の秘めた想いとメッセージとは――?

またローカルタレントから全国区へ、急激な変貌を遂げた「心情と自負について」や、さらに大泉洋が「大泉洋という奴」について独白も。

ネガティブをポジティブに反転させるその思考能力や、大泉洋のコミュニケーションスキルがわかる「在り方」と「感謝力」は、必読!

自身の本音が詰め込まれた熱い渾身の原稿は、爆笑必至なのに、思わず「胸が熱く」なる!

1997~2013年の「大泉洋」の16年が詰まった、饒舌なエッセイ、352ページ! 完全保存版!

—————————————-

レビューも非常に高評価で、実に面白そうな1冊です

(※私はまだ読んでいません(^_^;))

ぜひご一読を!

—————————————-

◆店舗名:よねやん堂
◆所在地:〒078-8242 北海道旭川市豊岡12条3丁目4-28 
     よねやん堂買取センター 査定担当 米村 (不定休:AM 10:00~PM 18:00)
◆お問い合わせ:toiawase@yoneyando.jp
◆店舗URL:http://yoneyando.jp