リサイクルショップ店長が教える、中古本を高く売るための6つのテクニック

店長

こんにちは!「古本買取☆よねやん堂」店長の米村です(^^)

皆様から、本などをお売り頂いた際に、「もうちょっとこうしていただけたら、高く買い取れるのになぁ…」なんて思うことが多々ありました。

買い取りをする私の方としても、「できるだけ高く買い取って、お客様に喜んでもらいたい!」という思いがある訳です。

お客様にご満足いただき、またリピートしていただけたらとても嬉しいですしね(^^)

そこで!

本などの中古品を少しでも高く買い取ってもらう6つのテクニックをお教えします!



帯を半分に折り、本に挟むなどして保管します。

帯の有無は、買取の際の印象が変わってきます。
そのまま本に付けていると破れてしまうことが多いので、思い切って半分に折って本に挟んで保管し、売る際に本に付け直すと良いでしょう。



CDなどでも帯・歌詞カードは取っておきましょう

本に付属しているCDやDVD、ゲームなら箱や説明書などは必ず取っておきましょう。買取金額ががらりと変わってきます。


商品に汚れや日光によるヤケがあると、減額の対象にされやすいです。なるべく綺麗に保管することを心掛けましょう。


少々手間がかかりますが、目に見えて汚い汚れは落とすようにしましょう。
中古で購入し、値札等が付いているなら取った方が賢明です。それでは簡単なクリーニング方法をお教えします!

<用意するもの>

・マジックリン(詰め替え用)
・オイルライター用オイル(100円ショップ等で売っています)
・ティッシュ
・ヘラ
・小さい霧吹き



値札にオイルを数滴垂らし、



ヘラで取っていきます



洗浄液を本に吹きかけ、ティッシュで拭き取っていきます

<クリーニングの方法>
STEP1:洗浄液を作る
マジックリン2:水8の割合で霧吹きに入れて、洗浄液を作ります。

STEP2:本にオイルを少し垂らし、全体をティッシュで拭く
オイルライター用オイルを、本の表紙に少し垂らして、全体をティッシュで拭いて下さい。
こうする事によって、手垢やちょっとした汚れは綺麗に落ちます。値札が付いている場合は、値札にオイルを垂らし、本に傷を付けないようにヘラで取っていきます。

※表紙が紙などの一部の素材は、値札が剥がしづらく、またオイルを使用するとインクが溶け出してしまう可能性があるため、注意が必要です。

STEP3:オイルで落ちない汚れは、洗浄液で落とす
オイルで落ちない汚れは、大抵マジックリンを薄めた洗浄液を使えば、綺麗に落とす事が出来ます。

以上で、自分で出来る本のクリーニング方法は終了です。意外に大変そうに思えますが、慣れてしまえば簡単です。


人気のあるマンガでも、ばらばらに売ってしまうと値が尽きずらいことがあります。全巻揃っていると、また全巻揃っていなくてもある程度まとまっていると、1冊ずつ売るよりは買取金額UPが見込めます。


発売されて間もない本は、比較的高値が付きやすい傾向にあります。読み終えた本はすぐに売って、また新しい本を買うのもありかもしれません。(^^)

いかかでしたか?

価値のある本は適性の価格で売り、またその本は欲しい人に受け継がれてゆく…売る人にも買う人にも、ご満足いただければ古本屋としては本望です。