新着情報

娘の保育園遠足で、旭山動物園に行ってきました(^^)

みなさんこんにちは!初めまして!

よねやん堂 ブログ担当のらーちゃんです!

初めてのブログ担当で緊張しますが、いろいろご紹介できたらと思います!

よろしくお願いします(^^)

 

さて、9月も半ばになり秋の気配がそこまで近づいてきていますね!

ついこの間30℃越えたかと思えば、今や朝と昼の気温差が10℃以上もあり、体調管理が大事な時期になってきましたね(–;)

旭川でもインフルエンザがちらほらと出てるみたいなのでみなさん予防はしっかりと!

先週は、娘の保育園の遠足で旭山動物園に行って来ました!

前日から雨が降っていたので中止かと思ってましたが、朝から小雨で動物園についたらやんでくれました(^^)

旭川にいながらもなかなか動物園に行くこともなく、久しぶりの動物園でしたが、いろいろと新しい宿舎や売店などが増えていくものですね(.)

みなさんは旭山動物園には結構行きますか?

旭川にいると地元だしとなかなか行くことも少ないですよね(^^;

そこで、今の旭山動物園を少しだけ紹介します!

2019年夏期開園からの新施設!

フラミンゴ舎

 

 1997年に完成した「フラミンゴ舎」。
 

3種類のフラミンゴを展示しており、間近でフラミンゴたちが歩く姿や休んでいる姿、エサを食べている姿などが観察できます。また、色鮮やかな羽や不思議な形をしたくちばしなど、足を止めてじっくり観察するとたくさんの発見をすることができます。

2019年のリニューアルに伴い、全体が網に覆われた施設になりました。今までご覧いただけなかった、フラミンゴが羽ばたき浮き上がる姿や、新しく登場した沼地での巣作りの様子などが観察できるかもしれません。

(※冬期開園中はご覧いただけません。)

展示している動物

・ベニイロフラミンゴ

・ヨーロッパフラミンゴ

・チリーフラミンゴ

 

ニワトリ・アヒル舎

2019年に完成した「ニワトリ・アヒル舎」。
 

元々、こども牧場内で飼育していたニワトリとアヒルを新しい施設に移動しました。ニワトリの飼育スペースでは、羽に付着した虫などを落とす砂浴びの様子や、施設の高さを活かして樹木を設置したため、人と同じ目線で体の特徴を観察することができます。

また、アヒルの飼育スペースには水槽を設置したため、水の中の動きや水浴びする姿を見ることができます。身近な存在でありながら、意外と知らない生態について詳しく観察してみてください。

展示している動物
・ハクショクレグホン(ニワトリ)
・アヒル

 

北海道小動物コーナー

 

東門階段横スロープ(通称:ゆっくりロード)にある「小動物舎」を、2019年に「北海道小動物コーナー」としてリニューアル。テンとエゾタヌキの施設を新たに公開しました。季節ごとに違った表情や姿を見せる、北海道の動物たちを間近に観察することができます。


また、テンの施設では、北海道在来種のエゾクロテンと国内外来種のホンドテンの比較展示を行っています。

展示している動物
・エゾタヌキ
・エゾモモンガ

(※出典元:旭川市 旭山動物園 )

まとめ

それぞれの施設ではそれぞれの動物ならではの性質が見られるようになったみたいで、より楽しく動物を見ることができそうですね!

来年から料金が値上げするというニュースを先日、目にしました。

料金が上がる前に一度訪れてみてはいかがでしょうか?

夏期開園は11月3日までです!