新着情報

もうすぐ増税!何を買いだめすれば良いの?軽減税率について調べてみました

みなさんこんにちは!
よねやん堂 ブログ担当のらーちゃんです!

先日、とうとう山の上では雪が降りましたね…(*_*)
我が家ではもうストーブをつけて暖をとり、鍋を食べてまったりと過ごしております(笑)

早いもので来週で9月も終わり、10月から消費税が10%になりますね(;o;)
そこで、前から言われている軽減税率。みなさんはもう理解していますか?

私はいまだによくわかっておらず、何を買いだめしとけばいいのかと焦っております(((^_^;)
そこで、軽減税率について私なりに調べてみました!

軽減税率制度について

2019年10月に消費税率が8%から10%に引き上げられる際、所得の低い方々への配慮の観点から、飲食料品(お酒・外食を除く)等の購入に係る税率については8%とする軽減税率制度が実施されます。

軽減税率制度の趣旨

消費税率を10%に引き上げた後も、日々の生活において、幅広い消費者が購入している飲食料品(お酒・外食を除く)等に係る消費税率を8%とすることにより、家計への影響を緩和するというメリットがあります。

軽減税率の対象品目

 飲食料品(お酒・外食を除く)新聞(定期購読契約された週2回以上発行されるもの
 新聞(定期購読契約された週2回以上発行されるもの)

(※財務省のHPより引用)

上の図は飲食料品の範囲のイメージ図です。
この図の青いところが8%、白いところが10%になります。
買い物する際、食材が8%なのは助かりますね!(笑)


外食がこれから10%になるみたいなので、自炊をがんばります!
お酒を飲む方は10月から上がってしまうので、今のうちに買いだめしとくのもいいかもしれませんね!

あと、ややこしいのがイートインスペースのあるスーパーやコンビニで買ったものをどこで食べるかでも軽減税率が関わってきますね。

例えば、イートインスペースのあるコンビニでお弁当を買い、これを家で食べればテイクアウト扱いになるので軽減税率の対象になるので8%になりますが、これをイートインスペースで食べるとなると、外食扱いになり軽減税率の対象外になるため10%になります。


なので、買う方も気を付けなければいけないし、店員さんも大変になるでしょうね。

2%上がるだけでどれだけ家計に影響がでてくるかはわかりませんが、高額な家電や、レジャーチケット、医薬品、オムツ、保険外診療(ワクチンなど)は増税前に買うなどしても損はないみたいです。


一方で、よくセールになるものや、消費税のかからないもの(プリペイドカードなど)は急いで買わなくてもよさそうです。

知らないといろいろ損をする軽減税率、みなさんも一度調べてみてはいかがでしょうか?