新着情報

地球温暖化について考えてみよう!

みなさんこんにちは!

よねやん堂 ブログ担当のらーちゃんです!



大雪山にも雪が積もり、雪虫も大量に発生し、気付けば来週から11月!

最近は秋晴れもあり、昼間はぽかぽかしていい気持ちですね(*^^*)

本州の方では台風に大雨に大変なことになっていますね。

ここ最近は短期間で”数十年に一度”や”今までにない”などの単語をよく耳にしますよね。実際に”観測史上初”なんてことも最近あるので、あながち間違いではないんでしょうけど、その言葉を聞くだけで怖くもなりますよね。

自然災害なのでどうすることもできないのかもしれませんが、やはりこれも地球温暖化のせいなのでしょうか?

もしそうだとしたら、日々の積み重ねで少しでも防げるかもしれませんよね。
そこで、私たちにできることとは何かないか、私なりに考えてみました。



地球温暖化を緩やかにするために私たちにできること



地球温暖化対策の中で一番大きな課題が二酸化炭素の排出量の削減です。

二酸化炭素の排出量を減らすには化石燃料の消費を減らす必要があります。

日本の二酸化炭素排出量の約2割は、給湯や暖房、調理のためのガスの使用、電気製品の使用、それに自家用車の利用などにより、わたしたちの日常生活から排出されています。

このような二酸化炭素の排出を減らすため、わたしたちにもできることがあります。



●カーテンによる太陽光の調節やクールビズ・ウォームビズによる冷暖房機に頼らないすごし方の工夫、冷房・暖房の温度を控えめに設定する、シャワーを流しっぱなしにしないなどにより、燃料や電力の消費を抑えましょう。


●ポットやジャーの保温を控える、電化製品の主電源をこまめに切る、長時間使わない時はコンセントを抜くなどにより、節電を心がけましょう。家族が同じ部屋で団らんすると、暖房と照明によるエネルギー消費を2割減らすことができると試算されています。


通勤や買い物の際に自家用車の使用を控えて、バスや鉄道、自転車を利用したり、自家用車を使うときもアイドリングストップなどの「エコドライブ」を実践しましょう。


誰にでもできる身近なことから、二酸化炭素の排出を減らしていきましょう。

出展:気象庁HP




これなら私たちでもできそうですよね!


他にも、一人一人の心掛けが未来の地球を救えるかもしれません。


少しでも住みやすい環境をみなさんで作りましょう!